2019年3月22日(金)

USTRの米中次官級協議に関する声明全文

トランプ政権
米中衝突
中国・台湾
北米
2019/1/10 2:13
保存
共有
印刷
その他

米通商代表部(USTR)は9日、北京で開かれた米中次官級協議に関する声明を発表した。声明の全文は以下の通り。

USTRのゲリッシュ次席代表率いる米国の政府代表団は7~9日、公正で互恵的で均衡の取れた両国の貿易関係を達成する方策について、中国政府と北京で議論した。両政府は、進行中の立証と有効な実施を条件に、完全な履行を実現する協定の必要性も議論した。

協議はトランプ大統領と習近平(シー・ジンピン)国家主席がブエノスアイレスで合意した90日間の交渉の一環で開かれた。技術移転の強要や知的財産保護、非関税障壁、商業目的で企業秘密を盗むサイバー攻撃、サービス、農業に関して中国に必要な構造変化をなし遂げるための交渉だ。

また協議は中国が大量の農産品やエネルギー、工業製品などの製品とサービスを米国から購入するという中国の約束にも焦点を当てた。米国政府は両国の貿易を改善するため、長期間続く貿易赤字に対処し、構造問題を解決するというトランプ大統領の約束を伝えた。

代表団はこれから次の段階に向けた指示を受けるため持ち帰って報告する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報