/

米アマゾン創業者、ベゾスCEOが離婚

【ニューヨーク=平野麻理子】米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は9日、マッキンジー夫人との離婚をツイッターで発表した。両氏は昨年9月、共同でホームレスや幼児教育を支援するため、20億ドル(約2200億円)の基金を立ち上げたばかり。2人の声明によると、今後も慈善事業などには一緒に取り組んでいくという。

ベゾス氏は夫人とウォール街のヘッジファンド勤務時代に知り合い、1993年に結婚した。アマゾンの創業は94年で、夫人はベゾス氏の創業を後押しした人物として知られる。夫人は後に小説家に転身した。

ベゾス氏は夫人と連名で「今後も友人として引き続き人生を共有していく」とツイッターに投稿。ベンチャーや慈善事業のパートナーとしても関わり続けるとした。

ベゾス氏は2018年に、米誌フォーブスによる世界長者番付で首位に立った。財産が平等に分割された場合、夫人は女性として世界1位の富豪になる。一方で、マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏が首位に返り咲くとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン