2019年1月22日(火)

サッカー

後半逆転の日本、薄氷の初戦 アジア杯サッカー

2019/1/9 23:30
保存
共有
印刷
その他

森保ジャパンから、これまであふれていたダイナミズムが消えた。

両サイドにボールが入ると行き止まり。後ろに戻される。前に入ってまた止まり、また戻る。その繰り返し。前半はトルクメニスタンの人垣の外側をボールが緩やかに巡回するだけだった。

後半、同点ゴールを決める大迫(中央)=共同

後半、同点ゴールを決める大迫(中央)=共同

9人がかりの2層ブロックをがっちり固められ、容易に崩せない。各駅停車を続けるうちに、相手の術中にはまった。あけすけな攻めを切り返されて、ペナルティーエリアの外からゴールを射抜かれて失点。

ドリブルで打開の糸口となっていた中島1人が抜けただけで、サッカーが静的になったとは一概には言えまい。ただボランチに入った冨安は、本職がCBで攻めに出るのは得意でなく、柴崎もパスをさばくタイプ。中攻めに厚みがなく左右からも仕掛けない、では何も始まらない。

ハーフタイムを挟み、さすがに日本の目が覚めた。冨安が持ち場を捨てて前へ出て、原口がDFの密集するエリアにくさびを打ち込む。その原口のパスから大迫が金庫をこじ開けた。堂安が決めたダメ押しの3点目になって、トントンと小気味よく日本らしいワンタッチパスの連なりがやっと姿を現した。

「先制されても、選手がチームとして戦いつづけてくれた」。拙戦の直後、森保監督はあえてポジティブな言葉を残している。大事にいこうとするあまり、臆病になるのもサッカー。その教訓と勝ち点3のどちらも得た点では、悪くない初戦だったといえようか。

(岸名章友)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

ベトナム戦に向け、調整する大迫(右)ら(22日、シャルジャ)=共同

 【シャルジャ(アラブ首長国連邦)=共同】サッカーのアジア・カップで2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本は24日午後5時(日本時間同10時)から、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでベトナムとの準々決勝 …続き (18:05)

JFLに初昇格した鈴鹿アンリミテッドのミラグロス・マルティネス・ドミンゲス監督=右(22日、三重県鈴鹿市)=共同

 サッカー男子の日本フットボールリーグ(JFL)に初昇格した鈴鹿アンリミテッドが22日に三重県鈴鹿市で始動し、今季就任したスペイン人女性のミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏(33)が指揮を執った。 …続き (18:04)

 日本サッカー協会は22日、日本高校選抜の選考合宿に参加する28人を発表し、全国高校選手権を制した青森山田からMF檀崎ら最多7人が選ばれた。選手権準優勝の流通経大柏(千葉)からはMF熊沢ら2人が入った …続き (14:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]