/

この記事は会員限定です

脊髄損傷、再生医療の治療間近に 幹細胞やiPS細胞

[有料会員限定]

リハビリ以外に有効な治療法がない脊髄損傷について、2つの再生医療の実現が近づいている。幹細胞と呼ぶ特殊な細胞やiPS細胞を使い、傷ついた神経細胞の修復や再生を目指す。運動や知覚の機能がわずかに改善するだけでも、患者の生活は大きく変わる。リハビリと組み合わせることで、失われた機能が回復する可能性があり、患者らも期待を寄せる。

2018年12月28日、札幌医科大学とニプロが開発した幹細胞を使う細胞製剤が厚生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン