ニデック、緑内障検査装置の販売開始

2019/1/9 20:17
保存
共有
印刷
その他

眼科医療機器のニデック(愛知県蒲郡市)は緑内障や糖尿病網膜症の検査装置「ゴニオスコープ GS-1」の販売を始めた。角膜と虹彩が交わる部分の「隅角」を自動で360度撮影する。測定時間は1分間程度で、専用のコンタクトレンズを眼に当てて調べる従来の検査より大幅に時間を短縮し、患者の負担を軽くできる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]