/

埼玉県内4信金、後見支援預金を取り扱い

埼玉県信用金庫(熊谷市)など埼玉県内の4信用金庫は、家庭裁判所の指示書がないと口座開設や入出金ができない「後見支援預金」の取り扱いを始める。家庭裁判所が関与することで、後見人による不正な使い込みなど財産管理のトラブルを防ぐ。

生活費などの日常的に使う金銭とは別に、財産を管理する口座として使ってもらう。後見人は現金引き出しのたびに目的などを家庭裁判所に報告・申請し、指示書を発行してもらう必要がある。預金の金額は無制限で、管理手数料もかからない。

4日から埼玉県信金が取り扱い始めたほか、飯能信金(飯能市)や川口信金(川口市)、青木信金(川口市)も順次始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン