/

この記事は会員限定です

不動産大手、訪日客需要でホテル拡大 野村不が「庭のホテル」買収

[有料会員限定]

不動産大手各社が訪日観光客(インバウンド)の需要を見込んでホテル事業を拡大している。野村不動産は「庭のホテル東京」などのホテルを保有する隆文堂(東京・千代田)を買収する。三井不動産は北陸に初進出する。不動産大手が強みを持つ用地取得や開発のノウハウを生かして、ホテルをオフィス事業に続く収益源に育てる。

隆文堂は1935年の創業で、都内で2軒のホテルを保有する。年間売上高は約20億円。2009年開業の庭のホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン