大学が「女性蔑視」と扶桑社に抗議

2019/1/9 18:24
保存
共有
印刷
その他

男性誌「週刊SPA!」が昨年12月25日号で女子大などを性的にランク付けした記事を掲載した問題で、実名を掲載された5大学全てが9日までに、版元の扶桑社に抗議した。

実践女子大(東京)は「女性蔑視につながる内容を掲載されたことや、本学や本学学生の名誉と尊厳が傷つけられたことに厳重に抗議する」として、学長名で抗議文を送付。大妻女子大(同)も抗議文を送った。

フェリス女学院大(横浜市)は「女性軽視、女性蔑視といえる内容」とホームページ(HP)で「遺憾の意」を示した。中央大(東京)も「深い憂慮」を表明した。

法政大(同)の田中優子総長は「女性の名誉と尊厳をおとしめる記事」と抗議し、編集部に再発防止を申し入れたことを大学HPで明らかにした。大学として編集部宛てに抗議文をメールで送付したという。

扶桑社は取材に対して「(実名が掲載された)全大学におわびする前提で対応を協議中です」とコメントしている。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]