ハラダ製茶、茶を工業製品に 高級化も志向
平成、そして(4)

2019/1/10 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

止めどなく進む高齢化と共働きの広がりによる生活様式の変容。平成の30年間が食品産業を大きく変えた。茶産業もその例外ではない。手間をかけずに飲めるように、茶は農産品から工業品へと変化した。この流れをいち早く引き寄せたハラダ製茶(静岡県島田市)はこの間、大きな成長を遂げた。さらにポスト平成の時代をにらみ、次の手を模索している。

お茶は急須で入れて飲むもの。この固定概念を打ち破ったことが同社の飛躍の背…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]