2019年6月27日(木)

eスポーツ振興、秋田で連合設立

2019/1/9 22:00
保存
共有
印刷
その他

複数のプレーヤーが対戦するコンピューターゲーム「eスポーツ」の振興を目的とした「秋田県eスポーツ連合」が2月に設立される。サーバー貸出事業を手がけるエスツー(秋田市)が県内企業に呼びかけて会員を募る。全国組織の一般社団法人日本eスポーツ連合(東京・中央)の地域支部の認定も受けられるように準備を進める。

エスツーは社内に設立準備室を7日付で設置した。連合は学校の部活動・サークル活動への支援やeスポーツを通じたインバウンド(訪日外国人)誘客、障害者の社会参加などにも取り組む。

エスツーは技術者を抱え、eスポーツの達人も多い。社員数人と県内公募の数人でプロチームを4月に立ち上げる。スポンサー企業を募り、eスポーツの普及を狙う。

eスポーツは、今秋の茨城国体に合わせて初の都道府県対抗選手権が開かれるなど関心が高まっている。秋田県eスポーツ連合は選手を育成し、20年の鹿児島国体から参戦したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報