2019年4月21日(日)

[FT]大衆迎合、試練に直面

ギデオン・ラックマン
FT
FT commentators
2019/1/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年はポピュリズム(大衆迎合主義)のバブルが弾ける年になるのだろうか。

16年は、英国では欧州連合(EU)からの離脱の是非を決める国民投票で離脱が決まり、米国の大統領選挙ではトランプ氏が勝利し、両国の政治エスタブリッシュメントたちをぼうぜんとさせた。しかし今年は、このポピュリズム運動が混乱の中へと崩れ落ちていく公算は大きい。悪い考え方は悪い結果を生むということが、次第に明確になりつつあるか…

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

2019年の時間旅行[有料会員限定]

2019/1/7付

きしむ欧州(下) イタリア 反EUに節度も[有料会員限定]

2018/12/31 6:00

伊極右副首相、選挙をにらみ穏健路線に(FT)[有料会員限定]

2018/12/27 11:52
イアン・ブレマー氏

トランプ氏再選へ逆風強まる ブレマー氏、19年を...[有料会員限定]

2018/12/26 17:24
米エール大学ティモシー・スナイダー氏(左)と米スタンフォード大学ニーアル・ファーガソン氏

歴史家が語るトランプ氏[有料会員限定]

2018/12/25 2:00

中南米 広がるポピュリズム(4) 重いばらまきのツケ[有料会員限定]

2018/12/21付

中南米 広がるポピュリズム(3) チャベス革命 うたげの後[有料会員限定]

2018/12/20付

中南米 広がるポピュリズム(2) 国またぐ腐敗に怒り[有料会員限定]

2018/12/19付

中南米 広がるポピュリズム(1) エリートはいらない[有料会員限定]

2018/12/18付

トランプ的なものへの渇望[有料会員限定]

2018/12/13付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報