2019年2月21日(木)

[FT]大衆迎合、試練に直面

ギデオン・ラックマン
ヨーロッパ
北米
中南米
FT
FT commentators
2019/1/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年はポピュリズム(大衆迎合主義)のバブルが弾ける年になるのだろうか。

16年は、英国では欧州連合(EU)からの離脱の是非を決める国民投票で離脱が決まり、米国の大統領選挙ではトランプ氏が勝利し、両国の政治エスタブリッシュメントたちをぼうぜんとさせた。しかし今年は、このポピュリズム運動が混乱の中へと崩れ落ちていく公算は大きい。悪い考え方は悪い結果を生むということが、次第に明確になりつつあるか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報