2019年3月27日(水)

豪昨年の新車販売3%減、4年ぶり前年割れ

南西ア・オセアニア
アジアBiz
2019/1/9 13:00
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリア自動車工業会(FCAI)がまとめた2018年の新車販売台数は、前年比3%減の115万3111台だった。住宅価格の落ち込みなどを受け、消費者の購入意欲が後退し、過去最高を記録した17年から減少した。通年の販売台数が前年を下回るのは、14年以来4年ぶり。メーカー別ではトヨタ自動車がシェア18.8%で前年から0.6ポイント拡大し、首位を守った。

GM系のホールデンがシェアを落とした(シドニー)

豪州の新車販売台数は15年から17年まで3年連続で過去最高を記録していた。豪自工会のトニー・ウェーバー最高経営責任者(CEO)は販売台数の減少について「住宅市場の軟化や融資の厳格化、干ばつなど豪経済の難しい状況を反映した結果」と述べた。

メーカー別に見ると、2位はマツダ(シェア9.7%)、3位は現代自動車(同8.2%)だった。17年に豪州での生産を終了した米ゼネラル・モーターズ(GM)系のホールデンはシェアを落とし、18年は上位5社に入らなかった。豪州ではトヨタ自動車も17年に生産を終え、完成車メーカーの製造拠点はなくなっている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報