日本サッカー世界への挑戦

フォローする

五輪チーム強化に難題も 森保監督の大切な1年
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2019/1/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

今回は1年半後に迫った2020年東京五輪に挑むチームの道のりを展望する。

東京五輪のサッカー競技は、総合開会式(7月24日)の2日前、7月22日に始まり、閉会式(8月9日)前日の8日まで行われる。男子の出場資格は1997年1月1日以降生まれの者。ただし五輪本大会では3人までこの年齢制限を超えた選手(オーバーエージ)を使うことができる。

A代表と重なるほとんどの日程

五輪に向けてのアジア予選は、アジアサッカー連盟(AFC)主催の「U-23(23歳以下)アジア選手権」(20年1月、タイ)で、五輪開催国である日本以外の上位3チームに出場権が与えられる。目標は五輪での金メダルと宣言する森保一監督としては、この大会は何としても優勝したいところ。そしてその自信を五輪本大会につなげたいと考えていることだろう。そのためにも、今年1年間の強化が非常に重要になる。

20年1月8日に開幕する「U-23アジア選手権」に向けての「壮行試合」は19年12月28日に長崎県諫早市で行われる国際親善試合だ。それに先だって、今年は主に5回の活動が計画されている。3月に来年の「U-23アジア選手権」の予選がミャンマーで開催され、マカオ、東ティモール、そしてミャンマーと対戦する。5月末から6月にかけては昨年も参加した仏トゥーロンでの大会に参加する。そして9月と10月に短期間の海外遠征を行い、11月は17日に広島で「仕上げ」の国際大会を戦う。

アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で戦況を見つめる森保監督=共同

アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で戦況を見つめる森保監督=共同

悩みのひとつは、ほとんどの日程がA代表と重なり、監督を兼務する森保氏が常に同行するのが難しそうなことだ。A代表も今年9月には22年ワールドカップのアジア2次予選が始まることになっており、決して気は抜けない。昨年の森保監督不在時は横内昭展コーチが監督代行を務めたが、今年も同じようにしていくのだろうか。

昨年、「東京五輪世代」の「U-21日本代表」はすべて国外で21試合を戦い、11勝4分け6敗、得点33、失点24の成績を残した。8月にインドネシアで行われたアジア大会は、「1クラブ1選手のみ」という制限付きのメンバー構成ながら、決勝ではオーバーエージも総動員した韓国のU-23代表に大奮戦、1-2で敗れたものの銀メダルを獲得した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
残り3節となったJ1。FC東京は9日の磐田戦に勝ち、勝ち点差1で首位に立つ=共同共同

 Jリーグ1部(J1)は11月10日までに31節を消化、残りわずか3節となったが、優勝争いも残留争いも大混戦。予断を許さない状況にある。
 優勝争いでは、第31節に首位鹿島アントラーズが4位川崎フロンタ …続き (11/14)

決勝進出を決め、サポーターの歓声に応える槙野(左端)ら浦和イレブン=共同共同

 浦和レッズがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で決勝進出を果たした。
 準決勝で中国の広州恒大と対戦した浦和は、10月2日のホームゲームを2-0で快勝。23日に広州の天河体育中心体育場に乗り込むと …続き (10/31)

タジキスタン戦の後半、ヘディングで先制ゴールを決める南野=共同共同

 ワールドカップ「カタール2022」を目指す日本代表が順調に勝利を重ね、アジア第2次予選勝ち抜きに大きく前進した。

 ホームの埼玉スタジアムでモンゴルを6―0で下した5日後の10月15日、日本代表はアウ …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]