首相「EU離脱、日本の考え伝える」 英・オランダへ出発

2019/1/9 11:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は9日午前、オランダと英国を訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発した。英国ではメイ首相と会談し、同国が3月末に予定している欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について協議する。出発に先立ち「英国のEU離脱に世界の注目が集まっている。日本の考えをメイ首相にしっかりと伝え、話し合いたい」と羽田空港で記者団に語った。11日に帰国する。

まずオランダを訪問し、ルッテ首相と会談する。2月に発効する日本とEUの経済連携協定(EPA)を念頭に、自由貿易の推進を確認する。2国間の経済連携の強化も議論する。6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議に招待国として参加するため、協力を呼びかける。安倍首相は「世界経済、貿易、地球規模の広範な課題について意見交換し、G20の成功に向けた協力を確認したい」と述べた。

英国では関税などに関する合意なしのEU離脱を避けるよう働きかける。安倍首相は「この問題で英国を訪問し、意見交換をするのは極めて有意義だ」と語った。日系企業の活動に悪影響が及ばないよう求める。

EU離脱を前提とした日英間の経済連携に関しても話し合う。2国間の自由貿易協定(FTA)や、環太平洋経済連携協定(TPP)への英国の参加が軸になる。北朝鮮の核・弾道ミサイル問題など、安全保障分野での連携も確認する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]