2019年3月26日(火)

今日も走ろう(鏑木毅)

フォローする

過酷レースに出場 苦しさをあえて楽しむ勇気

2019/1/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

「楽しむ勇気」という言葉を好んでさまざまな場所に記している。

初めて100マイルのウルトラトレイルレースに出場したのは38歳の時だった。モンブラン一周をめぐるトレイルランニングの世界最高峰の舞台「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)」は距離が約160キロメートル、累積標高差は9000メートルの難コースだ。当時、私は国内では無敵といわれていたが、UTMBではかろうじて完走できただけで車椅子での帰国を余儀なくされた。

昨年9月、病み上がりで挑んだレースの100キロを超えたところで笑顔が出た

昨年9月、病み上がりで挑んだレースの100キロを超えたところで笑顔が出た

あまりの世界のレベルの高さに驚くと同時に打ちのめされ、精神的に大きなダメージを負った。この競技は、120キロメートルから先のいわゆる「神の領域」と呼ばれるゾーンではとりわけ心の強さが問われる。それなのに再挑戦を考えるだけで不安といった感情を通り越し、恐怖を感じるようになってしまった。

当時の私は県庁職員としてごく普通のサラリーマン生活を送っていた。仕事は全国的な花の祭典の広報を担当しており休日は返上、しかも毎晩帰宅は深夜。周囲には何かと気遣いをしていただいたが、仕事をしながら世界大会を目指すアスリートとしては正直耐え難い勤務状況といえた。

さらに職場の皆が疲れとストレスで爆発寸前だった。ところがこの中に常に明るく笑顔で、しかも素晴らしい企画も出し、仕事に驚くほど前向きな同僚がいた。少ない睡眠時間で疲労困憊(こんぱい)のはずなのにその理由を問うと「役人を長くやっていてもこんな職場はきっと一度きりで、イベントが終わればこの仕事も終わり。それならあえてこの状況を楽しもうと思ってね」とあっけらかんとしている。それを聞いた瞬間は、自分にはとてもそんな考え方はできないと感じた。

翌年の夏、2度目のUTMBに挑戦した。効率的に時間を使ってトレーニングをいかに積むか、試行錯誤してのぞんだレースではあったけれど、終盤の地獄のような状況に耐えられはしないだろうと覚悟はしていた。いざレースが始まると序盤は大きなトラブルもなく進んだものの、120キロを超えると案の定、脚の耐え難い痛みと、十数時間も一睡もせずに動き続けた倦怠(けんたい)感から幻覚さえ見えるようになった。

「もう諦めよう」。心は砕けそうだった。

美しいアルプスの絶景をぼんやり眺めていると突然職場での彼の言葉が頭をよぎった。「そう。苦しさをあえて楽しもう」。厳しいトレーニングを積み、万里の波濤を越え日本からせっかく来たのだから、この状況を楽しまないでどうすると思った瞬間、急に体が楽になった。

終わってみれば思いがけず4位でゴール。人間はネガティブに考え始めると体も動かなくなる。このレースの体験を通じて、極限状態を心で乗り越えるという自信を得た私は世界トップレベルの仲間入りを果たした。こんなことで人間は果たして変われるのかといぶかしがられることも多い。それでも、何事も人と同じ当たり前の考え方ではだめだと心に深く刻み込んだそのできごと以来、「楽しむ勇気」という言葉を書き続けている。

(プロトレイルランナー)

今日も走ろう(鏑木毅)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

今日も走ろう(鏑木毅) 一覧

フォローする
結婚15年目に授かった娘とヨーロッパアルプスをトレッキング

 娘がこの春から小学生になる。赤ん坊だったあの子が小学生なのかと感慨にふけることしきりだ。親なら誰しも感じることだろう。我が家は結婚して15年目に授かった一人娘のため、とりわけ思いが強くなるのかもしれ …続き (3/21)

私は生まれつき人付き合いが苦手だ(長野・志賀高原でのトレーニング)

 アメリカの思想家、ヘンリー・ブルックス・アダムズは「生涯の友は一人でたくさん。二人では多い。三人などまずありえない」と言う。親友と呼べる人物は何人いるだろうか。私自身は生来の人付き合い下手。なかなか …続き (3/7)

昨年、大学卒業後初めて母校を娘とともに訪れた

 今年も大学受験のシーズンが到来した。毎年この時期になると辛かったあのころを思い出す。これまでの50年の人生で最も苦しかった1年を問われたら、大学受験の2浪目でしたと答えるだろう。 …続き (2/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]