2019年1月23日(水)

世界成長2.9%に減速 世銀が19年予測、貿易下振れ

貿易摩擦
経済
北米
2019/1/9 6:21
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】世界銀行は8日改定した世界経済見通し(GEP)で、2019年の世界全体の成長率を2.9%と予測し、18年6月時点から0.1ポイント下方修正した。米国と中国の貿易戦争などの影響で、世界の輸出入が急減速すると警鐘を鳴らした。日本の成長率は0.1ポイント上方修正し、「潜在成長率を上回る0.9%を維持する」と予測した。

中国は輸出の減速が見込まれる=ロイター

世銀の分析では、世界の成長率は17年の3.1%成長をピークに18年は3.0%、20年も2.8%と緩やかに減速する。貿易戦争で企業の投資意欲が減退。世界の貿易量も大きく下振れして、18年は0.5ポイント、19年も0.6ポイントそれぞれ前回予測から下方修正した。

日本は19年こそ潜在成長率を上回る伸びになるが、20年は0.7%、21年も0.6%と先行きは減速すると予測する。19年秋に予定する消費税増税が景気を下押しするが、安倍政権が検討する需要喚起策で増税の悪影響を一時的に緩和できると見込んだ。

米国は19年こそ2.5%と高い伸びを維持するものの、20年は1.7%に急減速すると分析した。トランプ政権が仕掛ける貿易戦争で輸出と投資が下振れし、米連邦準備理事会(FRB)の利上げも重荷になるとした。

中国も輸出の減速で19年、20年とも成長率は6.2%にとどまると予測した。貿易戦争の影響を和らげるため、中国当局は緩和的な金融政策や減税拡大で内需の底上げを図っている。世銀は「財政と金融政策が関税政策の悪影響を中和する」と認めたが、過大債務などの問題解決が遅れるリスクを指摘した。

資源価格の下落も目立っており、世銀は産油国など「1次産品輸出途上国」の19年の成長率を0.7ポイントも下方修正した。中国などの景気減速は、原油安を通じてロシアやブラジルなどの成長率を下押しし、世界景気全体に負の連鎖をもたらし始めている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報