/

米、ベネズエラに追加制裁 「為替取引で裏金」

【サンパウロ=外山尚之】米国政府は8日、ベネズエラ政府の元高官や民間企業などに追加の経済制裁を発動したと発表した。「政府に有利な為替取引を通じ、24億ドル(約2600億円)以上の裏金を捻出した」としている。ベネズエラは10日にマドゥロ大統領の2期目の就任式を控える。米国はマドゥロ氏に近い元最高裁判事の亡命を受け入れるなど、圧力を強めている。

8日、米国の制裁に反発するベネズエラのロドリゲス副大統領(カラカス)=ロイター

米財務省によると、制裁対象になった財務省の元高官ら7人やテレビ局などの23団体が中心となり、過去10年間にわたり不正な為替取引で裏金をつくってきた。ベネズエラでは公式レートと市場レートに乖離(かいり)があり、これを利用したようだ。ベネズエラのロドリゲス副大統領は同日の記者会見で制裁について「国際法の裏付けがない」と非難した。

マドゥロ政権は昨年5月、主要野党を排除した大統領選を実施し、同氏が圧勝した。しかしトランプ政権は結果を認めておらず、閣僚や政府高官などの資産凍結で対抗してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン