/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、米ウィーワークに2200億円追加出資

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)は8日、米シェアオフィス大手ウィーワークに対して20億ドル(約2200億円)を追加出資する方針を固めた。SBGと傘下のファンドはこれまでウィーワークに84億ドルを投資しており、追加出資によって総額は1兆円を超える。経営への関与を強めて、ウィーワークの成長を加速させる狙いがある。

SBGの孫正義会長兼社長はウィーワークについて「我々のコアカンパニーの一つになる」と公言しており、追加出資に向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン