2019年3月20日(水)

新潟県内9信金、「後見支援預金」取り扱い開始

金融機関
北関東・信越
2019/1/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県内の9信用金庫は、家庭裁判所の指示書がないと口座から現金を引き出せない「後見支援預金」の取り扱いを一斉に始めた。家裁の関与により、成年後見人による被後見人の不正な使い込みと財産管理に伴うトラブルを防ぐ。

後見支援預金は家裁から指示書を発行された成年後見人だけが開設できる。対象は日常的な支払いに使わない金銭で、現金引き出しには指示書が必要だ。通帳による取引だけが可能で、キャッシュカードは発行しない。

同様の制度は静岡や福井、石川など各県の信金でも活用の動きが広がる。金融機関による高齢者らの資産保護は信託銀行による「後見制度支援信託」もあるが、県内に信託銀の店舗数が少ないという課題があった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報