大浦雅勝コンシス社長、観光・農業振興にネット駆使
(キーパーソン)

2019/1/8 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青森県が抱える課題の一つが、ITやあらゆるモノがネットにつながる「IoT」による観光・農林水産業の振興だ。そのためにネットをどう利用すればいいか。県内で幅広くネット関連の事業を手掛けるコンシス(青森県弘前市)の大浦雅勝社長(46)に聞いた。

――観光や農林水産物の販売でネットの活用が重要なのはなぜですか。

「旅行するにしても物を買うにしても、興味をもったことは80%以上の人がネットで調べる時代だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]