/

この記事は会員限定です

プログラミング教育必修化、変わるパソコン販売の潮目 売り場拡充や教室運営 ビックやノジマ

[有料会員限定]

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修になるのを前に、家電量販企業が関連サービスや商品の取り扱いを強化する。ビックカメラは19年春に開く新店で、玩具コーナーの近くでパソコン販売を始める。教える側にも戸惑いが広がっており、ノジマは教職員向けの授業体験会を開く。エディオンは小中学生を対象にした教室を本格展開する。各社は拡大する需要を取り込む。

ビックカメラは19年春、東京都町田市の小田急百貨店内に出す新店舗で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン