/

KDDI、トヨタとの「つながる車」でAT&Tと提携

KDDIは8日、トヨタ自動車と共同展開を予定するコネクテッドカー(つながる車)で、米通信大手のAT&Tと提携すると発表した。米国ではAT&Tの携帯ネットワークを使い、車をインターネットにつなぐ。

トヨタは2020年までに日米中で発売するほぼ全ての新車に通信機能を載せる計画を表明している。スマートフォン(スマホ)経由でエアコンなどを遠隔操作できるようになるという。

KDDIは世界各国の通信会社と連携し、日本企業の製品が世界中で通信できるプラットフォームを構築している。国境を越えても接続先を自動で切り替えて通信できる。米国ではAT&Tの携帯ネットワークを使うことにした。

複数の国へ機器を輸出する企業にとって、国ごとに現地の通信事業者と契約しなくて済むのがメリットだ。自動車だけでなく、建設機械や工作機械での活用も提案している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン