/

この記事は会員限定です

影潜める中国企業 米家電見本市CES、出展2割減

[有料会員限定]

米中貿易摩擦が米ラスベガスで開催中の家電・技術見本市、CESにも影を落としている。今年の中国企業の出展は約1200と前年よりも減ったほか、発表の規模も小ぶりとなった。特に華為技術(ファーウェイ)幹部が逮捕された事件以降、米国での目立った行動を控えている中国経営者は多いとされる。相互依存の関係にあった米中ハイテク企業だが、ほころびも見え始めた。

7日夕刻、CESの会場に近い高級ホテルの一角で米中の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン