スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

北島康介さん、五輪「金」そして最後も平井コーチと
経営者として五輪に挑む(4)

2019/1/9 6:30
保存
共有
印刷
その他
2004年アテネ五輪2冠。100メートル優勝後の「チョー気持ちいい」の発言は流行語大賞にもなった。アテネ後は日本選手に負け、高熱を出して入院し、物足りないレースが続いた。07年世界選手権で200メートル平泳ぎ優勝でようやく完全復活、08年北京五輪で史上初の平泳ぎ2種目連覇を達成。その後、米ロサンゼルスに練習拠点を移した。

アテネ五輪の勝利はいろんな思いが詰まっている。「チョー気持ちいい」は泣きたかったのを我慢して言った言葉。「流行でもなんでもねえじゃん」って思ったけれど、今は自分のネタとして使わせてもらってます。

世界新で優勝した北京五輪の100メートル平泳ぎは「すべてが完璧だった」という(2008年8月)

世界新で優勝した北京五輪の100メートル平泳ぎは「すべてが完璧だった」という(2008年8月)

これだけの経験をした後では体が燃えてこなかった。日本選手権では刺激がない。練習のきつさも分かっていて、上手にかわし、こなせるようになっているからたちが悪い。日本人に負けても何にも感じなかった。

「プロなのに」「金メダリストなのに」という声も聞こえたけれど、気にしなかった。北京五輪に行くことに疑念はなかったし。2年くらいすると「そろそろやるか」と、自然とギアが入りました。世界記録で連覇した北京五輪の100メートルは、すべてが完璧で、今までにない感覚で泳げた。これこそ自分が求めてる刺激だと思った。

北京後は少し違った景色が見たくて米国に行きました。半年くらいゆっくりして、南カリフォルニア大のチームに加わりました。多国籍チームでみなワイワイ楽しんでいる。日本人のように繊細に突き詰めるより、潜在能力を試合で一気にバッと出す力が強いんだなって思った。

12年ロンドン五輪の目標は金メダルでなく、米国で得た集大成を出すことでした。メダルはメドレーリレーの銀のみでしたが、あの時あの状態でのベストの泳ぎはできたので、納得はしています。

 東洋大監督になっていた平井伯昌氏に再びついた。萩野公介選手ら、北島さんに憧れてきた一回り若い選手たちと練習した。16年4月のリオデジャネイロ五輪代表選考会は0秒3足りず5度目の五輪を逃すと、引退発表した。

「萩野に金をとらせてあげて、今の選手を強くしてください。僕はその後でいいから」とお願いしました。五輪で結果を出すのは大事ですから。でも、僕の引退は平井先生に見てほしかった。いい時だけでなく、「ダメになっていく僕も見て喜んでほしいな」と思ったんです。

先生への信頼感は、年を重ねるほどに増した。10代の頃から僕の意見を聞き入れ、様々な専門家を招いて、いろんな視点を見せてくれた。平井先生ほど熱狂的に僕のこと、選手のことを考えられる人はいない。もうビョーキですよ。だから尊敬しているんです。

リオに行ったとして、決勝に残ってメダルは1チャンスあるかないかというレベルだったでしょう。むしろ思い出の詰まった東京、辰巳国際水泳場が最後で良かった。ちょうど桜の季節、引退会見に平井先生も同席してくれて、満開で散れました。

体は強くないし、センスもなかった。でも最後まで真剣勝負した自分を褒めたいですね。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]