2019年2月22日(金)

サムスン、半導体・スマホの2本柱揺らぐ 10~12月期

エレクトロニクス
中国・台湾
朝鮮半島
北米
アジアBiz
2019/1/8 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体メモリーとスマートフォン(スマホ)を柱とする韓国サムスン電子の業績が揺らいでいる。8日発表した2018年10~12月期の営業利益は約2年ぶりに減益だった。AI(人工知能)事業などに次の成長を求めるが、収益貢献はまだ先だ。19年は半導体ラインの一部稼働停止や電池の開発体制縮小といったコスト削減策でしのぐ我慢の年になりそうだ。

18年10~12月期連結決算(速報値)は、売上高が前年同期比11%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報