/

この記事は会員限定です

ジャストシステム、教育向けIT好調で23年ぶり最高益

証券部 野口知宏

[有料会員限定]

ソフトウエア開発のジャストシステムの業績が好調だ。主力の「一太郎」や「ATOK」といった文書作成ソフトウエアと並んで、2012年末に参入した小・中学生向けのクラウド型通信教育が収益の柱に育っている。09年に出資して筆頭株主となったキーエンス流の改革が浸透。教育にIT(情報技術)を活用する「エドテック」がけん引し、19年3月期の連結営業利益は上場前の96年3月期の最高益を23年ぶりに更新する公算が大きい。

18年4~9月期の連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン