警察庁出身の首相秘書官が交代 原氏を起用

2019/1/8 18:00
保存
共有
印刷
その他

政府は8日の閣議で、安倍晋三首相の事務秘書官に警察庁人事課長の原和也氏(51)を起用する人事を決めた。大石吉彦首相秘書官(55)の後任で発令は15日付。大石氏は警察庁警備局長に就く。残り4人の事務秘書官は留任する。

原氏は1990年に警察庁入りし、警備局警備課長や外事課長などを歴任した。

留任した4人のうち外務省出身の鈴木浩氏(58)と防衛省出身の島田和久氏(56)は12年の第2次安倍内閣発足から首相秘書官を務める。連続在任期間は6年に及び、内閣官房によると戦後最長を更新し続けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]