2019年3月26日(火)

米ツアー ズームアップ

フォローする

ファウラーも30歳、そろそろ実力に見合った勝利を
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2019/1/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

新人のリッキー・ファウラー(米国)が2010年のライダーカップ(2年に1度開催される米国と欧州との団体対抗戦)の米国代表に名を連ねるのでは――。コーリー・ペイビン(米国)によるキャプテン推薦が発表される前にそんな噂が飛び交うと、あるベテラン選手がこう言ったのを覚えている。

そのキャリアにつきまとう「なぜ?」

「もう米国は、勝つ気がないんだな」

ペイビンの元には同様の皮肉めいた声が多く届いたが、それでもキャプテンはファウラーを選んだ。

30歳になったファウラー。まだ四大大会を勝ったことがない=AP

30歳になったファウラー。まだ四大大会を勝ったことがない=AP

実際に大会が始まり、初日のフォーサムで彼がルール違反を犯すと、「ほら、見たことか」などと批判もされたが、最終日のシングルマッチでは、最後に4連続バーディーを決めて引き分けに持ち込み、ファウラーは自分だけではなくペイビンさえ救った。結局、ファウラーの初陣は0勝1敗2分けに終わったものの、大会が終わるころには健闘をたたえる声も少なくなかった。

2年後、ファウラーはウェルズ・ファーゴ選手権で米ツアー初勝利をマーク。プレイオフでロリー・マキロイ(英国)とD・A・ポインツ(米国)を振り切った。次戦のプレイヤーズ選手権で2位タイとなると、世界ランキングは18位まで上昇している。

ところが、この年のライダーカップはキャプテンを務めたデービス・ラブ3世の推薦を得られず、出場を逃した。このときは前回とは逆の意味で、「なぜ?」という声が上がったが、ファウラーのその後のキャリアを見れば、この2回のライダーカップをめぐる不可解ないきさつは、それを象徴する。

結局、ファウラーのキャリアには、ふに落ちないことが多いのだ。

お金を稼ぎ出すことに関しては、優れている。彼はこれまで、218試合に出場し、3400万ドルあまりを稼ぎ出した。原動力はトップ10の多さだ。これまで65回を数え、確率はほぼ30%。莫大な賞金総額は、そうした安定感によって積み重ねられてきた。

しかし……である。高い確率でトップ10に入り、準優勝が13回もあるのに、米ツアーでの優勝回数はわずか4回。これはどういうことなのか。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
ガルシアは友人が多く、仲間の選手からも人気があるが…=APAP

 毎週のように米男子ゴルフで若い選手が躍動し、彼らの活躍を書こうと思えばどんなに紙面やスペースがあっても足りない。だがその一方で、ベテラン選手の後ろ向きの話題を伝えなければならないのは残念だ。
 それが …続き (3/7)

ウッズはプレジデンツカップにプレーイングキャプテンとして出場する可能性がある=APAP

 今年12月、オーストラリアのロイヤル・メルボルンGCでプレジデンツカップ(欧州を除く世界選抜と米国選抜による男子ゴルフ団体対抗戦)が行われる。 …続き (2/7)

30歳になったファウラー。まだ四大大会を勝ったことがない=APAP

 新人のリッキー・ファウラー(米国)が2010年のライダーカップ(2年に1度開催される米国と欧州との団体対抗戦)の米国代表に名を連ねるのでは――。コーリー・ペイビン(米国)によるキャプテン推薦が発表さ …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]