/

この記事は会員限定です

同盟深化「辺野古」置き去り 普天間返還(上)(平成8年)

平成Politics30

[有料会員限定]

1996年4月12日。当時の橋本龍太郎首相はモンデール米駐日大使と共同記者会見を開き、沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地が今後5~7年の間に全面返還されると発表した。

橋本氏が同年2月にサンタモニカでクリントン大統領と会談した際「沖縄の人々が返還を大変強く希望している」と提起した。95年の米兵少女暴行事件で沖縄県民の反米感情は高まっていた。危機感を抱く日米首脳は1カ月半で合意を実現した。

返還合意には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン