/

女子大生巡る性表現で謝罪 「週刊SPA!」

扶桑社の男性誌「週刊SPA!」編集部は8日までに、2018年12月25日号の、女子大学生を性的にランク付けした記事中の表現について「扇情的になってしまった」「読者の気分を害する可能性のある特集になった」と、謝罪するコメントを発表した。

同号では、特集記事の一環で「ヤレる女子大学生RANKING」という順位表を、大学の実名入りで掲載した。

この表が「女性軽視」「女性差別」だとしてインターネット上で反発の声が高まり、同誌に記事撤回や謝罪を求めるネット上の署名活動に多くの賛同が集まった。

犬飼孝司編集長は「『より親密になれる』『親密になりやすい』と表記すべきだったが、読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまった」と釈明している。

署名を呼び掛けた国際基督教大4年の山本和奈さん(21)は、男性の視点で女子大生や女子高生をありがたがるような週刊誌記事やグラビアを不快に思ってきた。世界で広がる「#MeToo(私も)」運動の広がりにも刺激されたという。「日本でも『変えたい』と思っている人がいる。日本にも変化を起こしたい」とコメントした。

「週刊SPA!」は1988年創刊。日本雑誌協会によると、最新の発行部数は約10万8千部。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン