猫やハトの切断死骸相次ぐ 兵庫・姫路、昨年12月以降

2019/1/8 9:21
保存
共有
印刷
その他

7日午前7時半ごろ、兵庫県姫路市飾磨区妻鹿の市道で「腹が裂かれた猫の死骸がある」と近所の人から県警飾磨署に通報があった。市内では昨年12月下旬以降、首が切断されたハトの死骸などが相次いで見つかり、今回で5件目。同署は動物愛護法違反などの疑いで捜査し、同一犯による犯行かなど関連を調べている。

同署によると、7日の現場は小学校脇。猫は腹部を切られ、内臓がほとんど取り出された状態だった。近くに血の痕はなく、死んでから4、5日たっているとみられる。

昨年12月26日に野球場で右後ろ脚が切断された猫の死骸が見つかり、今月3~6日には路上や民家敷地で、首を刃物で切られたとみられるハト3羽が発見された。いずれも7日の猫の現場から半径約5キロ以内の範囲という。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]