/

欧州地図大手、スマホで移動検索 ウーバーに対抗

【ラスベガス=白石武志】欧州のデジタル地図大手ヒアは7日、スマートフォンで最適な移動手段を検索できるアプリ「SoMo(ソモ)」の提供を始めたと発表した。英語やスペイン語など5カ国語に対応する。同社にはアウディなど独高級車大手3社が出資しており、欧州発の世界的なサービスに育てることで米ウーバーテクノロジーズなどに対抗する。

新たなアプリではタクシーや電車、バス、シェア自転車など多様な交通手段の中から利用者の好みに応じて目的地までの最適な移動手段を見つけられる。ヒアは2018年から公共交通機関などの検索サービスを始めている。欧州や米国、中南米など350都市で合計140万台を超えるタクシーなどの車両が新アプリで利用できるという。

「SoMo」の名称は「Social Mobility」を略したもので、新アプリには家族や友人らと情報をやりとりできる交流サイト(SNS)のような機能も持たせた。コンサートや結婚式などのイベントの際には、参加者同士が目的地までの相乗りを調整しやすくなるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン