/

この記事は会員限定です

虚偽の「著作権侵害」でSNS利用凍結 嫌がらせか

電子の森

[有料会員限定]

インターネット上の著作権侵害について削除や非表示を求める「DMCA申請」の悪用や乱用が問題となっている。目的は不明だが、虚偽の申請で交流サイト(SNS)のアカウントが凍結される例が続出。凍結解除まで数カ月かかることもある。本来は著作権を保護する仕組みだが、悪用によるネット上の言論への影響を危惧する声が上がっている。

「DMCA著作権侵害ということで、アカウントを本日運用できない状態になりました」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン