北陸観光、金沢や恐竜博物館を「ハブ」に
北陸30年 その先へ(3)

2019/1/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年も金沢駅は北陸の玄関口として観光客でにぎわった。そんな同駅に姿を見せたのが石川県北部の能登で開かれている能登ふるさと博のマスコットキャラクター「のとドン」だ。隣ではスタッフらが「能登立国1300年」を記念したパンフレットを配った。

「訪日外国人(インバウンド)は金沢の1人勝ちだ。何とかしなければいけない」。七尾市、中能登町の観光協会や経済団体が参画して17年に誕生した「ななお・なかのと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]