ヤマハ、楽器・音声技術に回帰
平成、そして(2)

2019/1/8 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽器業界はピアノのスタインウェイやギターのギブソンなど、製品ごとに専業メーカーがトップブランドの地位を確立しているのが特徴だ。その中でヤマハは幅広い楽器を手掛ける「総合楽器メーカー」として異色の発展を遂げてきた。2019年3月期に売上高営業利益率を12%に高める中期経営計画を達成できる見通しだ。ただ、平成期を振り返ると、度重なる危機に直面した多難の時代だった。

ヤマハの平成は混迷から始まった。国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]