再利用できるPET樹脂 岩谷産業、脱プラ需要見込む

2019/1/7 19:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岩谷産業はペットボトルとして繰り返し再利用できる樹脂の普及に取り組む。ストローや包装材などで脱プラスチックの動きが広がっている。ペットボトルでも樹脂使用量の削減が進むとみて、再利用可能樹脂の日本での販売量を2025年度に10万トンと、18年度見込みの約7倍にする。

タイの化学大手インドラマ・ベンチャーズが生産した同樹脂を仕入れ、飲料メーカーに販売する。同樹脂でつくられたペットボトルは、溶かして再…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]