/

丸栄、外壁タイル、愛知・岐阜の博物館で保存へ

2018年6月に閉館した老舗百貨店、丸栄の外壁タイルが保存されることが7日、わかった。建築当時にタイルを供給したLIXILが運営する「INAXライブミュージアム」(愛知県常滑市)と、岐阜県多治見市が持つ「モザイクタイルミュージアム」で展示する見込み。

百貨店「丸栄」の外観(名古屋市中区)

丸栄本館は近代日本を代表する建築家の村野藤吾氏が設計し、1954年に日本建築学会賞を受賞した。壁は紫色のタイルで覆われ、西側には緑を基調としたモザイクタイルによる装飾がある。

中でも紫色のタイルは丸栄が増築された53年ごろ、当時の伊奈製陶(INAXから現LIXIL)が製造した。LIXILによると、村野氏と色合いを調整し、グラデーションにしたという。

丸栄は昨年7月から取り壊し作業が進んでいる。タイルの移設や保存展示の時期は今後詰める。紫や緑など色とりどりのモザイクタイルは文化的価値が高いとして、日本建築学会が保存を求めていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン