2019年6月26日(水)

豊洲3億円マグロ、盛況は一握り 初市入荷は35%減

2019/1/7 18:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

豊洲市場(東京・江東)の初競りで5日、青森県大間産のクロマグロに1匹3億3360万円の史上最高値が付いた。ただ、盛り上がったのは3億円マグロのみ。初市の鮮魚入荷量は前年比35%減、生マグロは6割の減少となるなど新市場としては寂しい船出となった。

「人も魚も少ない」。最高値のマグロを落札し、すしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)の木村清社長は5日、競り場を見渡しつぶやいた。ご祝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報