出国税徴収開始、空港で混乱なく

2019/1/7 17:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を出国する人に一律1千円を課税する国際観光旅客税(出国税)が、7日出発分から適用された。航空会社では顧客が航空券の購入時に1千円を上乗せして支払うことになるが、航空券の売れ行きの変化などは見受けず、空港でも大きな混乱はなかった。

7日の全日本空輸の羽田空港の国際線のチェックインカウンターでは、アジア行きの航空便の搭乗手続きをする利用客などで混雑していたが、出国税にともなうトラブルはなかった。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]