/

この記事は会員限定です

米フィンテックに逆風 スマホ証券、「銀行業」が不発

[有料会員限定]

米国で金融とIT(情報技術)が融合したフィンテック企業に対する金融当局の監視が厳しくなっている。預金サービスにストップがかかったり、資産運用で顧客管理の不備を問われたりと不祥事が相次ぐ。フィンテック企業の存在感が高まるなかで、不十分な顧客保護など負の側面も浮き彫りになりつつある。

「スマホ証券」のロビンフッドは昨年12月中旬、2019年から預金サービスを始めると発表した。同社はスマートフォン(ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン