/

海底火山を常時観測へ 規制委、原発審査に活用

原子力規制委員会は2021年度にも、鹿児島湾にある火山「姶良カルデラ」の海底に地震計などを設置し、地殻変動の観測を始める方針だ。極めて大規模な「破局的噴火」が過去に起こった火山のデータを集め、原子力発電所の安全審査などに活用する。規制委によると、海底での火山の常時観測は国内で初めて。

破局的噴火は発生頻度が極めて低いものの、火山灰などの噴出物の量が100立方キロメートル以上と大規模で、火砕流によって広範囲が壊滅的な被害を受ける。国内では1万年に1回程度起きると考えられているが、科学的な観測データがないため、詳細はわかっていない。

火山の桜島がある姶良カルデラでは約3万年前に破局的噴火が起きたとされ、現在も地殻変動は比較的活発だ。規制委は常時観測に向け、海底で火山を観測しているイタリアの研究機関の手法を参考に、19年度から必要な機器などを検討する。21年度から地震計や水圧計を海底に設置し、観測開始を目指す。

破局的噴火が原発に与える影響を巡っては、広島高裁が17年12月、四国電力伊方原発(愛媛県)に阿蘇カルデラ(熊本県)の火砕流が到達する恐れがあるとして運転差し止めを命じた。同高裁は18年9月に決定を取り消し、再稼働を認めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン