2019年6月24日(月)

書店に入場料1500円 「体験型」で出版不況に挑む

価格は語る
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2019/1/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市場縮小に歯止めがかからない出版業界にあって、異例の書店が東京・六本木に開業した。映画館や博物館のように入場料を徴収し、「本を選ぶ豊かな時間」を過ごすための様々な付加価値をつけた新たな取り組みだ。雑誌や書籍の売り上げ減少で書店の閉店が相次ぐ中、単に本を売るだけの店舗ではなく体験型の施設として注目を集めている。

■コーヒーと煎茶が飲み放題

うたい文句は「本と出会うための本屋」。青山ブックセンター六本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報