2019年8月25日(日)

染料、中国の環境規制で高騰 車の内装材にも波及

2019/1/7 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の環境規制を受け、繊維の色を染めるのに使う染料が高騰している。衣料に使う代表品種の卸値は前年同期比2割高く、5年前に比べると2倍超だ。最大生産国の中国では2018年春から規制を満たさない工場が相次ぎ操業を停止し、供給が減ったためだ。再稼働は今も一部にとどまる。自動車内装材などの分野を含め、影響の長期化を懸念する声が広がってきた。

衣料用の代表的な染料では、中国が世界の7割を生産するとされる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。