/

米移籍を希望 夢膨らむ「メジャーの菊池涼介」

編集委員 篠山正幸

日本で育った選手がメジャーに旅立つのを見るのはうれしくもあり、寂しくもある。しかし、そうした感情を超え、この人だけは最高峰の舞台でプレーする姿を一度はみたい、という選手もいる。このオフの契約更改で、将来のポスティングシステムによる米移籍の希望を表明した広島・菊池涼介(28)が、その一人だ。

菊池はオフの契約更改で将来のポスティングシステムによる米移籍希望を表明した=共同

メジャー仕様のマツダスタジアムという舞台設定もあってか、菊池の動きは試合前の練習から、日本人離れしたにおいを漂わせている。

自由自在の動きのベースには…

あえてバウンドに合わせることなく捕球するように見えたり、軽業的なバックハンドのグラブトスをしてみたり。よほどの非常時で、いちかばちかのときでないと、実戦ではやらないような動きも混じるが、日ごろの「遊び」が、自由自在の動きのベースになっているようだ。

メジャー、特に中南米系の選手の中にはグラブの背を使って、仲間とバレーボールのような遊びをしてみたり、マリナーズ・イチローのような背面キャッチを披露したりする姿も見受けられる。

それらに技術的な意味があるとはいえないかもしれないが、型にとらわれずに動くという「心の構え方」につながっているのかもしれない。彼らと同様の「ラテン系」とでも表現したくなる楽しげな調子を、菊池の動きは帯びている。

そのリズムとテンポで「もう一度やれといわれてもできないようなプレー」と自ら語るような、伝説的プレーをいくつも残してきた。数え上げればきりがないが、昨季でいえば、巨人とのクライマックス・シリーズ第3戦で、ケーシー・マギーの右前へ抜けようかという当たりを、それこそ右翼の前まで追いかけて捕り、刺したのも信じられないようなプレーだった。

2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では数々の美技でピンチを救い「米国に行けた(ベスト4入りできた)のは菊池のおかげ」(当時の投手コーチの権藤博さん)。

昨季、パ・リーグの二塁手として、ゴールデングラブ賞を獲得したロッテ・中村奨吾は菊池の守備について「ああいう野性的で、超人的な動きはできない」と語っていた。

そんな同業の言葉を借りるまでもなく、日本球界では並ぶ者のない存在になった菊池が、メジャー願望を膨らませるのは自然の成り行きだろう。加えてもう一つ、かなり具体的なきっかけがあったようにも思われる。

17年WBCの準決勝、対米国戦。クリスチャン・イエリチのゴロをはじき、外野に転がる間に二進を許した。これが米国の先制点につながってしまう。雨で打球がスリップし、芝と土の境目でバウンドが変化した。

そのあたりのことは当然、頭に入っていたし、菊池なら処理できるはずの打球だった。あのあと、菊池は自らソロを右翼に放り込み、失点分を取り返したが、悔しさは到底晴れなかったことだろう。

"リベンジマッチ"の意味合い?

渡米するとすれば、それは、自分の守備はあんなものではない、とあかすための"リベンジマッチ"の意味合いがあるのではないだろうか。

ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦でホームへ突入する菊池(右)。広島にとって欠くことのできない選手でもある

メジャーにいっても、控えの身に甘んじ、出たり出なかったりする選手がいた。それなら、日本のプロ野球で獲得した多くのファンのためにプレーしてほしいと、余計なお世話ながら、思われたものだ。菊池はそういうレベルで四苦八苦する選手ではないだろう。

渡米するなら、メジャーで通用するかどうかではなく、守備であっといわせるスターになれるかどうか、が焦点となる。

もちろん、162試合の長丁場を乗り切ること自体、相当な壁にはなる。また、データに基づき、細かく守備位置が決められるメジャーで「感性でやっている」という菊池のポジショニングの妙が生かされるか、という懸念もあるが、日本が誇る名手として、期待されるラインは当然高くなる。

広島にとっては欠くことのできない選手。ポスティングを認めない、という選択もあって当然だ。球団の事情を考えれば、無責任に背中を押してもいけないが、野性の人が、メジャーの芝の上を駆け回る――という夢想に歯止めをかけるのは難しい。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン