日経平均、一時700円上昇 午前終値551円高
利上げ停止示唆で安心感 米株高を受け

2019/1/7 11:50 (2019/1/7 13:07更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。節目の2万円を回復し、前週末比の上げ幅は一時700円を超えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の4日の発言を受け、利上げペースが緩むとの安心感が広がった。堅調な雇用統計もあり、米国株が大幅に反発した流れを受けて週明けの日本株にも買い戻しの動きが広がった。

午後1時時点の日経平均は前日比537円90銭(2.8%)高の2万0099円86銭だった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]