漱石の成績「大変優秀」 福井で恩師のえんま帳みつかる

2019/1/7 10:45 (2019/1/7 19:52更新)
保存
共有
印刷
その他

夏目金之助(漱石)1学期80点、2学期90点――。旧制第一高等中学校で教壇に立った福井県出身の哲学者、松本源太郎が教え子の成績を記した手帳が見つかった。漱石の帝国大学入学前の学業状況を示す資料は珍しく、中島国彦早稲田大名誉教授(日本近代文学)は「大変優秀で、勉学に励んだことがうかがえる貴重で興味深い資料」と評価する。県が7日、発表した。

松本源太郎の手帳。試験の成績が記されている=共同

手帳は、教師が時間割や成績を記入する通称「えんま帳」。漱石が1888~89年に受けた論理学の試験の点数とみられる数字が細かい字で書き込まれ、合計は約30人の組で首位だった。

県によると、漱石が84年に入学した東京大学予備門時代の成績は残っているが、第一高等中学校時代の記録はほとんど見つかっていなかった。別ページには隣の組に在籍した俳人、正岡常規(子規)の点数も「74点、82点」と記載されている。

松本のひ孫が2015年、当時の日記などと共に出身地の福井県越前市に寄託し、県立こども歴史文化館が内容を調査。44冊ある日記には、1899年に熊本県の旧制第五高等学校の教頭となった松本と、英語教師として同僚となった漱石が互いを訪ね合って交流する様子が記されている。

調査に協力した中島名誉教授は「日記も熊本時代の漱石の知られていない伝記資料として貴重だ」とし、同館と越前市は解読できていない部分の日記の調査を進める。

松本の手帳や日記などの資料計58点は、今月10日から同館で、25日からは武生公会堂記念館(越前市)で公開される。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]