その他スポーツ

フェンシング「太田雄貴杯」、節目の10回目に感慨

2019/1/6 23:42
保存
共有
印刷
その他

フェンシングの「太田雄貴杯」を終え、あいさつする日本協会の太田会長=前列中央(6日、東京都世田谷区)=共同

フェンシングの「太田雄貴杯」を終え、あいさつする日本協会の太田会長=前列中央(6日、東京都世田谷区)=共同

フェンシングの2008年北京、12年ロンドン五輪メダリストで、現在は日本協会の会長を務める太田雄貴氏(33)が現役時代から続ける小学生大会「太田雄貴杯」が6日、東京・駒沢体育館で節目の第10回大会を迎えた。

出場選手から日本代表が育つなど底辺拡大にも貢献しているこの大会は北京五輪で銀メダルを獲得した翌年にスタートした。「去年で終わるつもりだった」そうだが、支援企業を見つけて開催にこぎつけた。

今年は約90人が参加。男女の優勝者と特別試合で対戦し、男子の千葉忠輝選手(12)に敗れると、太田会長は「第1回より全体のレベルが上がった」とうれしそうに汗をぬぐった。

第1回大会に参加した西藤俊哉(法大)が17年世界選手権で銀メダルに輝くなど、"卒業生"には日本代表もいる。太田会長は「社会的意義もあるし、やれる間は頑張りたい」と第11回以降の開催にも意欲を見せた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子シングルス準決勝、台湾選手に敗れた奥原(14日、広州)=共同

 【広州=共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、シングルスの女子は奥原希望(太陽ホールディングス)が戴資穎(台湾)に、山口茜(再春館製 …続き (17:15)

 米プロバスケットボールNBA下部のGリーグでレジェンズの馬場雄大は13日、本拠地テキサス州フリスコで行われたバイパーズ戦に16分37秒出場し、9得点、2アシスト、1リバウンドだった。チームは129― …続き (16:37)

女子ダブルス1次リーグで韓国ペアに勝利した永原(上)、松本組(13日、広州)=共同

 【広州=堀部遥】13日、中国の広州で行われたバドミントンのワールドツアーファイナル女子ダブルスで永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は金昭映、孔熙容組(韓国)を下して2勝1敗とし、1次リーグ突破を決め …続き (11:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]