/

この記事は会員限定です

車生産、米中摩擦が翻弄 ボルボは中国移管

[有料会員限定]

米中貿易戦争の余波を受け、世界の自動車大手が生産体制の見直しに動き出した。スウェーデンのボルボ・カーなどは米国から中国に生産の一部を移管。欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は米国に完成車工場を設ける。一方、トヨタ自動車は米中のはざまで日本を含めたバランスを取らざるを得ない難しい立場だ。各社は世界規模で効率的な生産体制を築いたが、トランプ米政権の動きに揺さぶられている。

中国の自動車大手、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン