/

eスポーツ競技大会開催へ 東京都、2019年度で予算化

東京都はゲーム対戦競技「eスポーツ」の振興のため、2019年度に「東京都知事杯 eスポーツ競技大会(仮称)」を新たに開催することを決めた。大会経費の一部として、19年度予算案に5千万円を盛り込んだ。予算案の査定を進める小池百合子知事が6日、明らかにした。

18年のアジア大会で公開競技として採用されるなど成長著しいeスポーツを支援し、ゲームやアニメなどといった関連する分野での産業振興を目指す。

競技大会は2日間にわたって行う計画。共催か主催者への経費補助かといった都のかかわり方や、具体的な大会の時期や内容はeスポーツの関係者などと検討していく。大会エリアではeスポーツに関連する中小企業のブースも出展し、来場者にPRする。

小池知事はeスポーツが様々な産業に関係するとし、「大きな可能性を秘めている」と期待を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン