3年ぶり部分日食 「太陽欠けた」と歓声

2019/1/6 17:15
保存
共有
印刷
その他

月が太陽の手前を横切る際に太陽の一部が欠ける「部分日食」が6日午前、各地で見られた。国内での部分日食は2016年3月以来、ほぼ3年ぶり。天文台などでの観察会には親子連れや天文ファンが訪れ、太陽が欠けていく様子を眺めた。

仙台市天文台では望遠鏡をのぞいたり、太陽を白い板に投影したりして観察。午前9時前に日食が始まると「欠けてる」「見えた」と歓声が上がった。09年の皆既日食の日に生まれ、初めて日食を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]